モバイルファーストインデックス

近年、急速にスマートフォンが普及してきたことにより、検索エンジンを開発する会社も、パソコン主体からスマートフォン主体へと主要なデバイスを切り替えてきているようです。その証拠に、スマートフォンユーザーにとって利用しやすく、閲覧しやすいようなアップデートなども行われているそうです。

実際に、スマートフォン用のページを用意していないサイトなどが順位を落としているという事例も報告されているようです。これからは、スマートフォンユーザーに有利なアップデートが多く見られるのではないでしょうか。グーグルの「モバイルファーストインデックス」というのも、そのスマートフォンファースト対策の一つと言えるでしょう。

これは、検索エンジンがサイトのデータ収集をする際の方法更新というもので、それまではパソコン版のページを収集し、検索結果へ反映していたとされていますが、これからはスマートフォン用のページがある場合、そのページを検索結果へ反映するというようになったようです。昔も携帯電話でネット利用はできていましたが、やはり検索などはパソコンから行われることがほとんどであったため、モバイルページは検索結果に反映されることはなかったそうです。

閲覧者にとって便利になっていく分、サイト作成者や検索エンジン開発者といった人たちは多くの更新が必要になっている時代であると言えるのではないでしょうか。もはやスマートフォンは携帯電話の域を飛び越してパソコンの代用品として十分に活躍する環境が整ってきていると言えるでしょう。だからといって「とりあえず」モバイル版を作成したとしても、SEO的には閲覧者にとって利用しやすいかどうかという点が重要であるかは変わりようのない事実と言えるのではないでしょうか。

【サイト作りの第1歩!】のトップに戻る