サイトの改善点

いわゆる「SEO向きでないサイト」であったとしても、全く対策ができないと言うことではないでしょう。ちょっとした工夫で格段に有効なSEO対策ができると言うことを知っておくと良いのではないでしょうか。

例えば会社名やブランディングのためのコピーなどに関する点では、大きく4つのポイントを抑えるべきと言えるでしょう。SEOに向いてないと言うのは、検索エンジンを通して新しいお客さんを獲得しづらいと言うだけであって、会社名やブランディングコピーなどを既に知っている人がいる場合はそのキーワードでの検索をしてくれるため、ネーミングやコピーをしっかり設定すると言うことも立派なSEOであると言えるでしょう。

もちろん、会社名は起業した時点での問題もあるでしょうから、サイト作成をする際にサイト名などにも気をつけると良いでしょう。できるだけユーザーのニーズのあるキーワードを含んだものを設定することが望ましいのではないでしょうか。もしこれから起業するといった場合には、よく耳にするような会社名やコピーは避けておくべきでしょう。そうすることで、正確に入力することができなくても印象的な部分を入力することにより検索結果に表示される可能性があるからです。

もちろんその際は訳のわからない言葉を使うのではなく、覚えやすくキャッチーなものを考えることが大切でしょう。SEOに向いていない場合でも、たったこれだけの注意を踏まえるだけで、格段とヒット数が上がる会社も多くあると言われています。

【サイト作りの第1歩!】のトップに戻る