2020年7月6日

ピクトグラム

投稿者: admin

アイコンといったピクトグラムや表、チャートや地図などのダイヤグラムをウェブページ上で利用することは、より視覚的に情報を提供することが可能になる手法であると言えるでしょう。ピクトグラムというのは、文章の代わりに使用される視覚的な表現であると言え、絵文字などの総称であるとも言えるでしょう。これは統計図表といったものや、さまざまな種類の表示の中でも、主に「言葉」に変わって使用されるものとされ、言葉でなくピトグラムで表現を行うことにより、教育環境や年齢という部分が異なる場合にも理解可能にしてくれるものと言えるでしょう。代表的なものとして挙げられることの多い「絵文字」は、1920年代、ノイラートのアイソタイプの展開から見られているようです。ノイラートの考えとしては、それからのち「道路標識」を代表とするさまざまな案内板や標識、年表や地図などへのピクトグラム使用へ展開していき、さらにはパソコンのソフトウェアGUIには欠かせない要素であるとして、各アイコンとして展開されてきたと言えるでしょう。このピクトグラムはそれぞれの使用用途によって大きさが異なってくるため、形の差別化や完結性が重要ポイントであると言えるでしょう。似ているものがある場合、一眼で判別がしにくいという難点があるため、できるだけ瞬時にそれが何であるのかということがわかるようなデザインであることが重要であると言えるでしょう。ホームページ作成時や、ピクトグラムがいくつか並んで配置されることの多い案内板といったものを作成する場合、各サイトは使用する時、デザインの統一感や斉一性のバランスといった部分に配慮して組み込んでいくべきであると言えるでしょう。