はじめてのサイト作り

自分や会社がどうしたいか、またどうなって行きたいかということを最初に決定していく起業とは異なり、サイトを作るためにまず考えるべきことは、どう言った目的を持った訪問者に来てもらいたいかという点ではないでしょうか。広く情報を投げるためには、ある程度狙いを定めなければ効果は思ったより得られないという事態になりかねないのではないでしょうか。

まずは、どう言った目的を持った閲覧者に訪問して欲しいのかということを書き出してみると良いでしょう。それが大体固まってくると、自ずと設定すべきキーワードが浮き上がってくるのではないでしょうか。だからと言って、無難なキーワードばかり並べていてはもちろん検索結果の上位に表示されることは難しいでしょう。SEOの効果をしっかりと考えるのであれば、同時にオリジナリティ溢れるキーワードを設定し、そのキーワードを持つサイト一覧などのページを自社サイト内に作ってしまうという方法が挙げられるでしょう。

そして、それぞれのサイトへリンクしたり、最寄駅や、そこからの道順、口コミや写真と言ったものも展開できると閲覧者としてはとても助かるのではないでしょうか。利用しやすい一覧ページというのは、何度でも利用したくなるものです。こう言った「閲覧者の満足度」や「利用しやすさ」を叶えていけるサイトを作っていくこそ、SEOの本質とも言えるかもしれません。

ずるい手ばかりを考えて一向に順位をあげられないより、真摯に閲覧者と向き合い、どうしたら満足してもらえるかということを考えることこそが、正しいSEO対策と言えるでしょう。自身の主張というものを最優先するのではなく、その主張を聞いてもらうために、まず、自社サイトに目をむけてもらえるような環境作りをしていくことが望ましいでしょう。格安SEOなら東京SEOメーカーがおすすめです。

訪問者のニーズを考える

忙しい現代社会では、携帯電話が大きな進化を遂げ、従来の「通信手段」だけの利用にとどまらず、今やパソコンに変わってネット利用ができる媒体として広く普及していると言えるでしょう。このことにより、検索エンジンの情報収集方法もモバイルサイトが優先に考えられるといったアップデートがなされているようです。

だからと言って、今までのSEO対策が全て無駄になってしまうというようなことはないと言えるでしょう。単に、スマートフォン対応のページがなければ作れば良いというだけの話であり、パソコン用ページも検索結果の評価として大切な情報となることに変わりはないと言えるでしょう。つまり、モバイルファーストインデックスというのは、基本的に情報の収集方法が変わったというだけで、検索結果に対して変化をもたらすものではないとされているようです。

実際に順位が激変しないよう、検索エンジンを運営する会社でも、サイトの公開準備が整っているのかどうかを確認してからインデックスに移行する旨が報告されているようです。ですが、全く順位に影響を与えないかと言われると、それは絶対とは言い切れないと言われているようです。より良いモバイルサイトを作ることができれば、それだけ閲覧者は満足度が高まり「また訪問しよう」と感じるでしょう。

このように、再度閲覧したいと思わせてくれるようなサイトは、パソコンやモバイルといった媒体に関係なく評価がなされていくのではないでしょうか。訪問者のニーズに対し、親切丁寧に反応をしていけるサイト作りを叶えられることを目指して行けると良いでしょう。